アメリカザリガニ駆除報告

 

黒川谷ツ公園には、開発前のはるひ野に生息生育していた里山の生き物が移され、大切に保全されています。しかし、最近、このような里山の生き物のうち、特にトンボのヤゴやホタルの幼虫、水草などが、アメリカザリガニによって食べられ、減少していることがわかってきました。

アメリカザリガニは、昭和初期に日本に持ち込まれた外来種で、外来生物法(正式名称:特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)という法律で要注意外来生物に指定されています。

そこで、2009年9月より、神奈川県立生命の星・地球博物館のご指導をうけ、川崎市北部公園事務所、はるひ野黒川管理組合の協力のもと、アメリカザリガニの駆除を実施しています。

これまでに駆除したアメリカザリガニの頭部の大きさと個体数についてグラフにしています。

 

 

 

トップページへもどる